2012年10月24日

Kindleが出る

Kindleがようやく発売のようです。

電子ペーパー
電子ペーパー+3G回線
タブレット
タブレットHD

の4種類です。

Kindleストア
もオープンするようです。
品ぞろえが楽しみですね!

周回遅れエンジニアはKoboを持っていますが、以下の点が気に入りません。
・英和辞書が無い
・単語を調べようとしても、うまく選択できない、タブレット版もない。
・本の検索ページが死ぬほどわかりづらい

Koboにもいいところはあるんですけどね、電子ペーパー+3Gと、タブレットHDを買おうかと思っています。
とりあえず、電子ペーパー+3Gですかね。

自尊心を埋める

周回遅れエンジニアは自分の事を「周回遅れ」と言っているくらいですから自分に自信がありません。

自分に自信がありませんが、自尊心もあります。
というか、自尊心が強いと思っています。

自信が無いのに自尊心が強い。
これはいかに?

自尊心を高くすることで、
相対的に周りを低くして自分を守るのです。
自尊心の殻にこもります。

でも、実はこの自尊心が痛みの元凶だったりすることもあります。
自尊心がぞんざいに扱われた時に傷つくのです。
失敗したら恥ずかしいとか思ったりもします。
そう、自信のない人には邪魔なのです、自尊心は。

そうは言っても、自尊心を簡単に捨てることはできません。
なので、周回遅れエンジニアも「督促OL 修行日記」にあったように、
自尊心を埋めてみようと思います。

さて。。。どこに埋めましょうか?

今の職場か、前の職場か。
近日中に埋めてきます。
私の自尊心。

2012年10月7日

違和感のあるSubversionの使い方

今日バージョン管理システムの使用は当たり前となっています。
うちのプロジェクトでもSubversionを使っていますが、
使い方に少し違和感があります。

一般的なSubversionはこんな使い方していると思います。
(Subversionの説明でよく説明で見ますよね)
trunkがあって、branchを作成し、trunkに対してマージしていく方法です。


うちのプロジェクトではこのように、やっています。
trunkがあり、次のバージョンのtrunkを作成。
元のバージョンの修正があれば、マージしていきます。


いままで特に深く考えることなく、バージョン4までやってきましたが、
困ったことが起きました。

最初のバージョンで作ってたテストクラスが後のバージョンに引き継がれていないのです。
(その時点でプロジェクトとしてオカシイという突っ込みはスルーで。
そんなこと言われなくても知ってます!(涙))

デグレードの危険性がどんどん高まっているという危機感があります。
困ったなあ。。。

そもそもJUnitのコードが作りっぱなしで仕様変更の時にメンテナンスされないって
どういうことだ。。。

trunkは1本じゃないと、いろんなものが捨てて行かれますよ~