2015年5月25日

S3 の使用量を確認する方法

S3 を使っている場合、今どの程度の容量を使用しているか気になることはありませんか。

リージョン全体の月あたりのサイズであれば、請求書で確認することができます。バケット単位で見るにはタグをつけてコスト配分レポートを使えばわかりそうです。

毎月のコスト配分レポートの設定
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/awsaccountbilling/latest/aboutv2/configurecostallocreport.html


しかし、これでは現時点での使用量は確認できません。

AWS CLI の S3 コマンド の ls に summarize というオプションが追加されていました。

AWS CLI s3 ls
http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/s3/ls.html


summarize を指定すると、オブジェクト数や合計サイズが出力されます。
recursive を併用することで、"ディレクトリ" 配下のオブジェクトも合計に含めることができますし、human-readable を使うとファイルサイズが Bytes/MiB/KiB/GiB/TiB/PiB/EiB で表示されます。

$ aws s3 ls s3://mybucket --recursive --human-readable --summarize
(オブジェクトの一覧が出力)

Total Objects: 14182
Total Size: 4.1 GiB

S3 の API には合計を出力するものは無いと思うので、単に取得したオブジェクトのリストを内部的にカウントしてくれているだけだと思いますが、余計なひと手間がいらなくなりました。

これは便利ですね!

0 コメント:

コメントを投稿